このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資・投資信託・ETF

日経平均株価は平均ではない?

日経平均株価という言葉を聞いたことがあると思います。

 

これは、東証の225銘柄が組み込まれた日本を代表する指標です。

 

そして、225銘柄があるのですが、算出方法が、単純な平均ではありません。

 

つまり、

Aという株と、Bの株があった場合、

同じ5%上昇でも、日経平均株価に与える影響(寄与度)は、同じ5%ではありません。

 

単純な平均値ではないためです。

 

特に、日経平均株価に大きく影響を与える

寄与度御三家と呼ばれる銘柄があります

 

 

それは、

  1. ファナック
  2. ソフトバンクグループ
  3. ファーストリテイリング(ユニクロ)

です。

 

このように、これら3銘柄が、

大きく下がれば、日経平均株価も同様に下がり

 

大きく下がれば、日経平均株価も同様に下がりやすくなります。

 

その3銘柄は、都度チェックすると、全体の方向性が分かりますよ。

 

あとは、実際に資産運用を始めると、自分の銘柄は下がっているのに、日経平均株価が上がっていることがよくよくあります。

この理由は、まさに寄与度の高い銘柄に左右されているためです。

 

日経平均株価でも、一部の銘柄に左右されている点は抑えておきたいですね。

 

資産運用をまだしたことが無いよ。という方は、ぜひチャレンジしてみましょう🐶

 

ちなみに、今おススメの証券会社があります。ストリーム(STREAM)という証券会社で、なんと取引手数料がゼロ円です!

さらに、今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえます。口座開設は無料なのでぜひトライしてみて下さい。私も、口座開設しました🤗

 

\今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえる🤗/

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

少しでも参考になれば幸いです(^^♪

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA