このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資・投資信託・ETF

お金が2倍に増える計算式〇〇の法則とは?|普通預金なら72,000年で2倍!

 

こんにちは、ウエルです🐶

 

今日は、お金が2倍に増える計算式〇〇の法則についてお伝えします!

 

その法則は、

72の法則と呼ばれるものです。

 

これは、金利と時間の関係を表しており、

お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利か計算方法です。

 

式は簡単で

「72÷金利=お金が2倍になる期間」です。

 

例えば、一例でこちらをご覧ください。

  • 普通預金:0.001%→72,000年
  • 不動産(REIT):4.5%→16年
  • 米国株:7.2%→10年

 

私も学生時代から、普通預金や定期預金に預けていますが、2倍になるには、72,000年もかかります😵

 

一方で、変動するものの、米国株は、GPIFの期待値リターンが7.2%です。

そのため、約10年で2倍になります!!!

 

このように考えると、すべてを普通預金などに預けるのではなく、株式投資などでまずは3,000円からでも取り組めばと思います。

 

もし余裕のお金が、100万円あり、米国株へ投資することができれば

10年で、100万円→200万円ということも起こりえますので😊

 

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね🐶

 

 

ちなみに、今おススメの証券会社があります。ストリーム(STREAM)という証券会社で、なんと取引手数料がゼロ円です!

さらに、今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえます。口座開設は無料なのでぜひトライしてみて下さい。私も、口座開設しました🤗

 

\今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえる🤗/

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

少しでも参考になれば幸いです(^^♪

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA