このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資・投資信託・ETF

高配当ETFは、株価が上がりずらい?

高配当ETFは、株価が上がりずらいという特性があることはご存じですか?

 

理由は、高配当だからです。

 

つまり、高配当=老舗企業(おじいちゃん企業)が多く組み入れられています。

成長企業(若者企業)は、お金を配当に回すより、自社の投資に回すようになります。

 

株主にとっても、配当というインカムゲインでなく、

成長による値上がり(キャピタルゲイン)を得ることができるため、良い結果に繋がります。

 

しかし、おじいちゃん企業の場合は、新たな投資先がないため、配当という手法で、投資家をつなぎ留めます。

 

このことから、成長より、現状維持になりがちです。

 

そのため、

高配当だが、株価は上がりずらいという特徴があります。

 

有名な銘柄(HDVやSPYD)も高配当ETFといわれます。

株価が上がると、配当が下がるため、銘柄組み入れで外される場合もありますよ。

 

このように、高配当と聞くと、ほっておいてもお金が入ってくると思いがちですが、

実は、株価は上がりずらいという特徴は知っておきましょう!

 

 

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA