このエントリーをはてなブックマークに追加
01|資産運用

プロスペクト理論をわかりやすく解説【対策有】

ウエル
ウエル

こんにちは🐶

FP1級×MBA出身ウエル(@Konsultinです😊

みみずく
みみずく

「プロスペクト理論って聞いたことがあるけど、よく分からない…」

ウエル
ウエル

このような悩みを抱えている方に向けて

「プロスペクト理論」についてお伝えします🤗

【こんな方に読んで欲しい】

✅老後のお金が心配な人

✅資産運用にチャレンジしたい人

✅家族と一緒に裕福な生活をしたいと考えている人

 

プロスペクト理論とは、「損失回避」です!

 

「プロスペクト理論」とは

損をしたくないという思う気持ちが強くなること

です😊

 

人は、損失を回避したくなるという感情が高いです。

実際の研究で

金額が同じだと、

損をした場合と

得をした場合の約2.25倍も違いがあります。

 

つまり、

1万円を得するのと

1万円を損するのは、金額が同じであっても

人が感じる感情は、損の場合が2.25倍も大きく感じる。

(損をしたくない!と感じる)

ということです。

 

 

 

資産運用での具体例

プロスペクト理論は、資産運用でよく出てきます。

 

例えば、

資産運用をした場合

利益を得たいという心理状態が働く一方で、損失を招くリスクを抑えたいという心理が働き、より大きなリスクを抱えるということです。

 

具体的には、

株価1,000円で買った株が、

徐々に下がっていき、750円になった場合

損切りをすればよいですが

買った1,000円が忘れられず、なかなか損切りできない場合ってありますよね。

 

私は、よくこの状況に陥ってしまいます。

そうなると、ナンピン(追加で購入して、購入単価を下げる手法)を取りがちです。

しかし、下落する株価は、往々にして、さらに下がっていく傾向があります。

 

そうなると

1,000円で買った株価が、750円➡500円になっていきます。

 

そうなると、塩漬け(放置)してしまいます。

 

 

これらを回避する方法は

3つあり

  1. ルールを立てる
  2. 指値・逆指値を入れる
  3. 積立投資

があります。

 

①ルールとは

利食いは10%の評価益、損切は5%の評価損と、ルールを決めて機械的に売買をする方法です。

 

②指値・逆指値とは、

株を買った時点で、

利確目標の金額に指値と損切ラインの逆指値を入れる(OCO注文)をするという方法

 

しかし、

この①と②は、初心者にはなかなか難しいです。

一番簡単な方法は、③積立投資です。

 

その内容は、次でお伝えしますね😊

 

もっと「資産運用」を楽しく学びたい方へ

 

プロスペクト理論が理解出来たら、

次の行動に移していきましょう🐶

 

プロスペクト理論では

株などが下落すると、損失確定を恐れて

塩漬けしてしまいがちです。

 

いくつかの対処方法がありますが、

一番簡単な方法は、③積立投資をするということです!

 

長期的に成長しているVTIやVOOを毎月購入することによって、長期的な資産運用に取り組むことができ、損失を意識しなくなります。

良ければ、こちらの人気本をご覧ください😊

 

 

今回の内容が

役に立ったよと思ったら、

  1. Twitterのフォロー
  2. Instagramのフォロ
  3. 記事“下”のコメント入力

を頂けると嬉しいです♬

情報発信の励みになります(*^-^*)

 

以上

また来てくださいね😊🤗

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA