このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資・投資信託・ETF

景気後退サイン

最近,長短金利差がマイナスになると、不況が来ると言われています。

 

実際に、不況も起きていますが、大事な点はすぐには起きていないということです。

 

たとえば、

1989年の時は,14ヶ月後

1998年は、30ヶ月後

2006年は、22ヶ月後

と一年以上空いています。

 

なので、過去を踏襲すれば、すぐには起きないと言えますが。

コロナを境に、急に下がり。お金をばら撒きすぐに上がりと、市場は急速なスピードで動いています。

このため、今回の不況もすぐに起きて、すぐに戻る?という話もありますよ。

 

結論、私たちは、コツコツと、積立投資をするのが良いかなと思います。

ウォーレンバフェットもコツコツやることが大事と言っているので、中長期の視点で資産運用に取り組んでいきましょう!!!

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA