このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資・投資信託・ETF

米国小型株指数の代表格とは?

Dow(ダウ)やNasdaq(ナスダック)という言葉を聞いたことがあると思います。

これらは、米国株を代表する指標です。

  • Dow:アメリカを代表する30銘柄
  • Nasdaq:ベンチャー銘柄 約2,600銘柄

 

では、

小型株を中心にした指標はご存知ですか?

 

それは

Russell2000です。

文字の通り、2000銘柄で構成されています。

 

ニューヨーク証券取引所やNasdaqなどに上場している銘柄の内、時価総額が上位1001位から3000位までの銘柄で組み入れらています。

 

なぜRussell2000を伝えているのかというと2点のポイントがあるためです。

 

1つ目は、

大企業の株価推移を排除した市場動向を確認することができます。

大企業の株価推移は、安定していますが、ボラティリティ(変動幅)が少ない場合があります。しかし小型株であれば、ボラティリティが大きいので、大きなプラスを狙うことができます(モチロン逆もしかりですが💦)

 

このように、

中小型株の全体動向を見るには、Russell2000がおススメです。

 

2つ目は、

「暴落の先行指数」という点です。

 

実は、

Russell2000の数字は、企業業績を表します。

 

つまり

下落傾向にある場合、米国の中小企業の業績悪化が見込まれ

上昇傾向の場合は、業績好調が見込まれます。

 

もし、中小企業の業績悪化になれば、取引のある大企業へと波及するので、おのずとして米国経済の景気が悪化します。

このように、業績との関係性が深いことから、「暴落の先行指数」という風に言われているんです。

 

今回は、

馴染みのないRusell2000をお伝えしました。

調べたことが無かったよ。という“あなた”は、ぜひこれからチェックしてみて下さいね🐶

 

 

ちなみに、今おススメの証券会社があります。ストリーム(STREAM)という証券会社で、なんと取引手数料がゼロ円です!

さらに、今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえます。口座開設は無料なのでぜひトライしてみて下さい。私も、口座開設しました🤗

 

\今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえる🤗/

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

少しでも参考になれば幸いです(^^♪

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA