このエントリーをはてなブックマークに追加
財務

会計センスを鍛える本4選

企業分析において重要な考えが「会計」です。

 

会計は、過去の数字(売上など)を示してくれて

さらに、今後の予測も行うことができます。

 

しかし、「簿記」など、理解していないとイメージしづらく、資産運用に関心のある人にとっては、重要だけど、理解しずらい印象が無いでしょうか。

 

また、

理系なら、理解しやすいかもしれませんが

文系となると、なかなか理解しずらいと思います。

 

事実、

私も文系出身ということもあり、初めに数字を見ても理解できませんでした。(チャートは見るだけで、なんとなく分かるので、すごく面白く感じるんですけどね。笑)

 

今回、

MBA出身の私が、「会計」の知識を身に付けた良い本を紹介していこうと思います。

 

それが、

公認会計士「林 總(はやし あつむ)氏」の本です。

 

 

 

 

 

 

もっと深く知りたいという方は、こちらをご覧ください🐶

中小企業診断士が厳選!ファイナンス入門書【25選】 財務会計は、数字が中心でExcelにずらっと並んでいます。 入門書という点に重きを置いて、読みやすいマンガやストーリーを中...
日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA