このエントリーをはてなブックマークに追加
買ってよかった本

倒産理由と再生へのコツ【社長の教祖「一倉定01経営戦略」)】

ウエル
ウエル
店舗運営をしている中小企業診断士ウエルです♬

今回は「書籍:一倉定の社長学シリーズ01経営戦略」です。

特に、「倒産理由と再生へのコツ」の点について、伝えていきます。

[要約]倒産理由と再生のコツ

ウエル
ウエル
特徴的な3点を伝えていくね♬
ウエル
ウエル
では詳しく見ていこう♬

[1Point]倒産理由

ウエル
ウエル
まずは、1Point目です♬
みみずく
みみずく
倒産には共通点があるんだね!
ウエル
ウエル
では見ていこう♬

【倒産理由】

一つの業界に固執すること

例をとってみていこう。

バルブ製品の企業があり、そのバルブ製品を石油業界に提供していました。

石油業界一社でなく、数社取引を行っていましたが、その企業は倒産してしまった。

さて、あなたは倒産した理由が分かりますか?

 

 

 

答えは、業界の集中化のためでした。

この企業は、「取引先」が数社ありましたが、

その「取引先」は、同業界に偏っていました。

一つの業界に固執することは、次の2点の問題があります。

【一つの業界依存のデメリット

(1)業界の斜陽化

(2)季節変動が一緒

詳しく見ていきましょう。

「(1)業界の斜陽化」は、石油業界が低迷しだすと、取引先すべてが業績悪化になりますね。

そうなると、その業界の全ての取引先から、取引量も制限され、バルブ会社の売上は激減してしまいます。

その業界が好調な場合は、取引先の業界を固めることで、知識が深まり、取引がスムーズになりやすいです。

ただ、不調が急に来た場合、すべての取引量が激減するため、相関関係にない業界への取引先も重要になります。

「(2)季節変動が一緒」も見ていきましょう。

同業界の取引先の場合、発注が少ない月は、同じ時期になります。

そうなると、工場の稼働率も低下し、資金回収も同時に困難になります。

その月が、数か月続く場合、毎年同じ時期に、資金ショートへの対応が必要になります。

発注量が多い月は、売上高も増加するため、良いですが、やはり安定性に欠けます。

そのため、企業経営においては、「業界への分散」は非常に大きなキーワードになります。

[2Point]再生のコツ

ウエル
ウエル
次に、2Point目です♬
みみずく
みみずく
同業界の取引先が大半を占めている場合はどう対処したらいいの?
ウエル
ウエル
業界の多角化を図っていこう♬

【再生のコツ】

・多角化(同種技術を他業界へ)

「土木用のコンプレッサーを製造する企業」を例にとって見ていきましょう。

この企業も、先ほど取り上げた倒産傾向の企業です。

業界は、土木に依存していました。

そこで、依存体質の脱却を図るため、他の業界へ進展していくようにしました。

調査の結果、「工場用コンプレッサー」や「家電用コンプレッサー」、「冷凍機用コンプレッサー」に需要があることが分かりました。

そこで、「冷凍機用コンプレッサー」に焦点を当てていきました。

そうすることで、この企業は2つの業界に分散することができています。

【業界】

土木用コンプレッサー

冷凍機用コンプレッサー

重要な点は、土木用で培ったコンプレッサー技術を生かし、冷凍機用に繋げている点です。

ちなみに、初めは、下請けで冷凍機を請け負ったそうです。

コンプレッサーは同じでも、冷凍機の知識などがないため、下請け期間があることで、収益も得れて、自社製品開発への準備も図れるためです。

このように業界を広げることで、次の2点の効果があります。

【業界を広げることの効果】

・業界の分散=収益の安定

・業績の向上

もし、土木が不景気になったとしても、冷凍機が同じ不況につながるとは言えませんね。

そのように、一つ目が不調でも、二つ目があれば補うことができます。

特に、一つの業界に依存していて好調な時期こそ、二つ目の業界への展開を図っていく必要がありますね。

事業を始めたばかりは、一つの業界に依存してしまいますが、二つ目の業界展開の重要性が少し伝わっていただければ幸いです。

[3Point]注意

ウエル
ウエル
最後に、3Point目です♬
みみずく
みみずく
注意点があるの?
ウエル
ウエル
多角化を把握していこうね♬

【注意】

別商品は、多角化でない!

先ほどのコンプレッサーの企業の話です。

多くの企業が陥りやすい話をしていきます。

 

依存体質に危機感を感じて、別に分散を図っていこうと考える社長も多くいます。

ただ、方向性を間違える社長がたくさんいます。

 

それは、「商品」を広げようとすることです。

上記企業は、「コンプレッサー」から、同業界の「クラッシャー」を開発していこうと考えました。

その考えを、一倉氏に相談した結果、「クラッシャーの開発」でなく、「取引先の業界分散」に移っていきました。

 

なぜ「クラッシャーの開発」という別商品は、ダメなんでしょう?

 

それは、次の点です。

【他商品への開発展開の注意点】

(1)業界の分散が図れていない

(2)新商品開発への設備投資が必要

(1)業界の分散が図れていないでは、2Point目の話です。

商品を広げていっても、不況になれば別商品であっても発注される可能性は低くなります。

そのため、分散のために行ったつもりが、分散効果をえれず、業績悪化につながりやすいです。

 

また、「(2)新商品開発への設備投資が必要」では、新商品開発のため、新しい設備が必要になりますね。

また、コンプレッサーで培った技術が生かされず、また別の技術を得ていく必要があります。

コンプレッサー技術の強みを生かさず、別技術に注力すること失敗する商品を生み出しやすくなります。

また、クラッシャーのための設備をかけると、もし失敗商品の場合、その設備の購入金負担がかかります。

 

設備の購入も倒産確率を高めます。

【設備投資の注意点】

固定資産に大きな資金を固定する

多額の資金を固定資産にすると、流動性も低く、資金ショートの可能性を生み出します。

 

一倉氏は、ファブレスは事業経営の成功事例としても捉えています。

極力、資金を使わず、開発などの強みに焦点を当てて、事業経営を行うことは、経営の王道といえそうです。

 

成功確率を高めるために、次が重要になります。

【本当の多角化】

多角化とは、「同種技術他業界

 

内部、つまり技術は専門家

外部、つまり市場は多角化

 

ちなみに

一倉定氏は、社長への指導にこだわっていました。

企業を変えれるのは、優れた社員や主力商品、会社の規模でなく、「社長」次第であるという信条の元です。

また、「民主主義」より「社長中心」の経営こそが、優良な企業と説いてます。

民主主義は正義と捉えられがちです。

ただ、経営における民主主義は、経営の放任と捉えられます。

ウエル
ウエル
今回の内容は、

インプット「②事例」でした♬

いぬ
いぬ

今回の内容を参考にして、

あなたの会社の業績向上に繋がれば幸いです。

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA