このエントリーをはてなブックマークに追加
01|資産運用

VIX(恐怖指数)とは?わかりやすく解説

あなたは、VIX(ビックス)という言葉を聞いたことがありますか?

 

VIXは恐怖指数ともいわれています。

 

まとめると

  1. 市場の先行き不透明感を示す指数
  2. 値動き(上がり下がり)が激しい

があります。

 

一般的には、

VIXが高い(30以上)だと、

投資をしない方が良いと思います。

 

短期の資産運用は、外部環境の要素が非常に重要です。

船乗りと同じで、

天気(外部環境)が悪ければ、休航にして

天気(外部環境)が良ければ、船に乗る

が最も効率的です。

 

短期の資産運用をする際、

今日の天気は、晴れかな?雨かな?暴風かな?ということを知る一つの方法が、VIXです。

 

最近では、

コロナをきっかけに、2020年3月に

VIX指数は、85.47まで上昇しています。

(ざっくり言えば、通常は10~20を推移しています)

30以上になると、警戒領域と言われ注意すべき!段階です。

 

しかも、VIXは急に上がるので

短期の資産運用にチャレンジするときは、一目見るだけでも意識したいですね😊

 

ちなみに、

VIX指数が急上昇した出来事をまとめてみました。

時期出来事VIX指数高値
1997年10月アジア通貨危機48.64
2001年9月アメリカ同時多発テロ49.35
2002年7月エンロン不正会計事件48.46
2003年3月アメリカのイラク侵攻34.4
2008年10月リーマンショック89.53
2011年10月ギリシャ通貨危機46.88
2015年8月中国減速懸念53.29
2018年2月アメリカ景気悪化懸念50.3
2020年3月コロナショック85.47

 

このように見ると、

私たちでも知っている「リーマンショック」と「コロナショック」は特別高い水準ですね。

 

1年間隔の時もあれば、5年間隔など、年数もバラバラです。

 

良ければ

VIXを意識して、資産運用にチャレンジして見てください😊

 

ちなみに、今おススメの証券会社があります。ストリーム(STREAM)という証券会社で、なんと取引手数料がゼロ円です!

さらに、今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえます。口座開設は無料なのでぜひトライしてみて下さい。私も、口座開設しました🤗

 

\今なら、最大5,000円相当の株が必ずもらえる🤗/

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

少しでも参考になれば幸いです(^^♪

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA