このエントリーをはてなブックマークに追加
01|資産運用

【驚愕!】年収2倍・3倍になっても、手取りが2倍・3倍にならない理由

今回は、

「年収」と「手取り」が比例しないことをお伝えします🐶

 

“あなた”の年収は

  • 300万円
  • 400万円
  • 800万円
  • 1,200万円

どれぐらいですか?

 

日本は、年功序列なので

年々、年収が右肩上がりになっていると思います。

 

20代は、年収400万円であった人が

10年間仕事を頑張って、800万円の年収になったとします。

さらに、10年間仕事をして、1,200万円の年収になった人を考えてみましょう。

 

大企業だと、30歳前後で1,000万円の年収はあり得ますよね。

(私の友人もいます。うらやましい)

 

このように

400万円➡800万円➡1,200万円と、400万円ごとに年収が上がった場合

 

手取りも同じように増えるかと言えば、

実は、違います。

 

ざっと

👇表で見るとコチラです。

年収手取り
400万円312万円
800万円588万円
1,200万円850万円

 

年収1,200万円と聞くと、「成功者」という気がしますが、実は手取り850万円と、350万円も低くなっています。

 

この理由は、

税金

のためです。

 

もっと具体的に言えば

所得税が累進課税であるためです。

 

先ほどの表のように、

年収が上がれば上がるだけ、税率も上がっていきます。

結果として、手元に残るお金は実は少ないという状況になりやすいんです。

しかも、これら税金は「源泉徴収」と言い、私たちが給料を受け取る時には、既にひかれて銀行に振り込まれます。そのため、多くの人が税金を実感しにくいということが挙げられます。

このやり方は、ナチス・ドイツが効率よく戦争の費用を調達するために、取り入れられた手法なんです😖

 

 

この状況を打破するには、

税金の仕組みを知るということが重要です!

 

会社員のみなら、所得税で大きく取られるので

別の収入源を獲得していく必要があります。

 

副業をして、経費扱いをするようにするであったり、

株式投資やFXなどを行うということも一つの方法です。

 

株式投資やFXは、税率が20%(正確には20.315%)と、所得税と比べると低いです。

 

そのため、株式投資などを副業の意味合いで取り組むことで、プラスになっても、税率は20%しかとられません。

マイナスの場合は、「繰越控除」といって、今期のマイナス分を、来期のプラスと相殺することができます。

 

このように、プラスになれば低い税率で

マイナスなら繰越控除ができたりと

多くのメリットがあります。

 

デメリットは、もちろんマイナスがあるということですね。

 

さらに、NISA(非課税制度)を利用すれば、株式投資の税率をゼロ%にすることもできます。

 

まだNISAを利用していない人は、ぜひ利用してみて下さい。

詳細はコチラ👇にありますよー。

NISAとは?使わないともったいない! 1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)のウエルが、NISA(にーさ)についてお伝えしたいと思います...

 

会社員として、仕事をしていると、知らず知らずのうちに税金をがっつりと取られてしまいます。その対処として、株式投資やFXの資産運用にチャレンジしてみて下さい🤗

 

FXなら🐶ウエルも使ってるコレがおススメ

\金利(スワップ)が高い!/

 

『みんなのFX』は、無料で開設することができます。

まず登録だけして、気に入らなければやらなくても大丈夫です(年会費などもかかりませんよ)。今なら、口座開設キャンペーンも実施中です♬




これを期に、資産運用の一歩を踏み出してみて下さい🐶

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA