このエントリーをはてなブックマークに追加
財務

「配当性向」とは?【わかりやすく解説】

ウエル
ウエル
店舗運営をしている中小企業診断士ウエルです♬

今回は「配当性向」の説明です。

みみずく
みみずく
「配当性向」って何?
ウエル
ウエル
では、見ていこう♬

[要約]配当性向とは?

ウエル
ウエル
3Stepで伝えていくね♬

[1Step]配当性向の説明

ウエル
ウエル
まずは、1Step用語説明です♬
みみずく
みみずく
計算式はどうなの?
ウエル
ウエル
では見てみよう♬

【計算式】

ちなみに、覚え方は、「配当性向」の「配当」を縦に書くと、計算式になるよ。

(上の計算式の黒字部分

つまり、こういうこと。

「配」:配当

「当」:当期純利益

[2Step]配当性向の図解

ウエル
ウエル
次に、2Step図解です♬
みみずく
みみずく
理解はできたけど、イメージができないなぁ
ウエル
ウエル
では見てみよう♬

【お金の流れ】

「純利益」→「①配当」と「②内部留保」

会社が利益を出した場合、次の2つに流れます。

①「株主(投資家)に渡す配当

②「自社に残す内部留保

図で示すと、このようなお金の流れになるよ。

【①配当】

配当の方を見ていこう。

株主(投資家)は、投資する中で、配当を受け取ることになります。

赤字企業が、配当を支払うと、資金不足により倒産の可能性があります。

そのため、黒字の純利益の中から配当の原資を支払うようになります。

その割合を、「配当性向」といいます。

図で示すと次のような流れです。

【②内部留保】

内部留保の方を見ていこう。

企業は、今後の成長を見越して、資金を蓄積します。

図で示すと次のような流れです。

特に、成長企業は、配当を抑え、内部留保に回すケースが多いです。

内部留保は、「工場や店舗の増設」に向かいます。

そして、「工場や店舗の増設」により、売上が増加します。

そして、利益が増え、内部留保に向かうという好循環につながります。

こちらも、図解するとこのようになります。

[3Step]企業事例

ウエル
ウエル
最後に、3Step企業事例です♬
みみずく
みみずく
実際の企業はどうなの?
ウエル
ウエル
では見てみよう♬

【配当性向からみる企業】

【配当性向の高い企業】【配当性向の低い企業】
企業JT(日本たばこ産業)ニトリHD
配当性向

※2019年度

78.6%17.0%
売上傾向横ばい33年増収増益

JTのたばこ事業は、成長性が低いため、設備投資で成長を図るより、高い配当を支払っているね。

売上高も次のグラフを見てもらうと、低迷しているのがわかるね。

 

ニトリHDは、内部留保した資金を、設備投資(店舗増設)や製品開発に費やし、売上増加につなげていますね。

ウエル
ウエル
今回の内容は、

インプット「①知識」でした♬

いぬ
いぬ

今回の内容を参考にして、

あなたの会社の業績向上に繋がれば幸いです。

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA