このエントリーをはてなブックマークに追加
財務

その売上策は間違ってる!MBA思考の売上UP方法\収益向上フレームワーク/

ウエル
ウエル
MBA(経営管理修士)のウエルです♬

今回は、「MBA思考の売上UP方法」についてお伝えします🐶

 

【こんな方に読んで欲しい】

  • 色々な取り組みをしているが、売上が伸びない

 

そんなあなたに、MBA×中小企業診断士であるウエルが、「効果的な売上UPのための収益向上フレームワーク」を紹介します。

 

最後に、今回の内容がより詳細に書いてある書籍を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね🐶

考えの無い売上策は失敗する

 

あなたの会社は、売上UPに向けて様々な取り組みを行っていると思います。

例えば、

  • チラシ配り
  • ホームページの改善
  • 顧客開拓
  • 新製品開発

 

ただ、成功している取り組みは少ないのではないでしょうか?

 

 

売上に繋がっていない理由は、

  • 考えなく売上策を実施しているため

です。

 

今回は、体系的かつ効率的に売上を高めるフレームワークについてお伝えします。

 

このフレームワークを学ぶことで次のメリットを得ることができますよ。

  • 効果的な売上UP

 

 

収益向上フレームワーク

 

収益向上のフレームワークについてお伝えします。

 

まずは、以下をご覧ください。

上記のように、企業全体の収益性(利益)を高める方法として、

右に進むにつれて、より具体的に書かれています。

 

ここで重要なのは、取捨選択です。

 

例えば、一番右の「取り組み」には次の3点が書かれています。

  1. 高価格化
  2. 積極的販売促進
  3. 製造原価の削減

 

モチロンすべて実行すれば、利益の増加にはつながります。

 

ただ、それぞれの影響度合いが違ってきます。

 

例えば

  • 高価格化➡新製品開発のため長時間
  • 製造原価➡需要に応じた発注量の適正化のため短時間

 

取り組みから利益に繋がるまでの影響度合いが違いますね。

そのため、なんとなくで選ぶと、利益に繋がるまでに無駄な時間がかかる場合があります。

このように、多くの企業(多くの人)は、なんとなくで選び、その結果売上に繋がっていない状況になっています。

 

収益向上フレームワークを使ってみよう

 

実際に、あなたの会社でこのようなフレームワークを使ってみてはいかがでしょうか。

 

このフレームワークの目的は、次の点です。

  • 問題点の洗い出し

 

先ほどのイメージ図をもう一度見てみましょう。

このように分解していくことが重要です。

例えば、売上原価が高い場合

次のどの部分が高いのかをしっかり見極めましょう。

  • 材料費
  • 部品費
  • 外注工賃
  • 労務費
  • 製造経費

 

材料費に着目すれば

  • 材料費が高い場合➡カット
  • 材料費が安い場合➡放置(別の部分をカット)

 

と、効果的に取り組むことができますよ。

 

今回は、MBA思考のフレームワークについてお伝えしました。

 

ちなみに、今回の話は、こちらに書かれています。

第五版非常に人気な本です。

いぬ
いぬ

今回の内容で、少しでも売上UPに繋がれば幸いです。

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA