このエントリーをはてなブックマークに追加
財務

【図解・MBA解説】キャッシュフローの理解力UP

ウエル
ウエル

こんにちは🐶

FP1級×MBAウエル(@Konsultinです♬

みみずく
みみずく

「キャッシュフローがよく分からない

ウエル
ウエル

このような悩みを抱えている方に向けて

「キャッシュフロー(C/F)」をお伝えします🐶

 

【こんな方に読んで欲しい】

「FP」や「会計」を学んでいる人

「資産運用」や「企業分析」に関心のある人

「キャッシュフロー」などを見たことがある勤勉な人

 

前回、「B/SとP/L」イメージでもお伝えしました通り

「プロ(専門家)かどうかの違い」は

「イメージ力」の差があります。

 

今回は、

企業分析の思考力を鍛える「キャッシュフロー」イメージについて、

図解も盛り込んで、お伝えしていきます🐶

 

キャッシュフローの目的

 

キャッシュ・フロー計算書とは

会社のお金の流れを表し

  • 資金状況の把握

に役立ちます。

 

“あなた”は、「黒字倒産」という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

儲かっていても、手元にキャッシュ(現金)が無いと返済ができずに、倒産してしまう状況を言います。

 

このような資金不足を解消するために

現金の状況を把握する「キャッシュフロー計算書」が役に立ちます。

 

キャッシュフローを軽視したダイエー

 

キャッシュフローを軽視した企業の一つに

20年以上前「ダイエー」があります。

 

当時のダイエーは、

98年度の連結売上高約3兆円、連結経常損失約100億円に対して、連結有利子負債は約1.3兆円に膨らんでいます。

 

どういうことかというと

お金(キャッシュ)が回らなくなったということです。

 

本来

店舗出店の場合は、

「P/L・B/Sのイメージ図」で示したように

売上増➡利益増➡内部留保増➡店舗増➡売上増…

好循環を創り出します。

 

しかし、

当時のダイエーは、

  1. 利益(内部留保)➡店舗出店
  2. 借入( 借金 )➡店舗出店

と、②借金で店舗を増やしていました。

 

結果

借金返済の源泉が、「利益」であるのに対し

「利息」が大きくなり、経営が回らなくなりました。

 

このように、

キャッシュ(お金≒ここでは利益)が不十分な中、

出店を加速させたために、最終的にイオンに買収される流れとなりました。

 

 

キャッシュフローの構図

 

キャッシュフロー計算書

次の3つで構成されています。

  1. 営業キャッシュフロー
  2. 投資キャッシュフロー
  3. 財務キャッシュフロー

 

より具体的に言えば

  1. 営業CF:売上などで得たお金
  2. 投資CF:投資用のお金
  3. 財務CF:借金返済・借入などのお金

です。

上記3つのキャッシュ・フローは、増えることもあれば、減ることもあります。

 

【図解】キャッシュフロー

 

では、

イメージ図で見てみましょう。

 

理想的なキャッシュフロー

  1. 営業CF:増加
  2. 投資CF:減少
  3. 財務CF:減少

 

 

説明しますと

売上などで営業CFを大きく増やします。

 

その営業CFを元手として、

将来の売上・利益の増加のために

店舗出店や研究開発の投資(お金減少)します。(投資CF)

 

そのうえで、

配当や利息の返済(お金減少)を行い(財務CF)

 

残った現金をそのまま残す(プール)するという順番です。

 

これが

大企業でも、中小企業でも

理想的なお金の流れになります。

 

 

 

ちなみに、

良くない逆パターンの場合

  1. 営業CF減少:売上減少
  2. 投資CF増加:自社ビルなど資産の売却
  3. 財務CF増加:銀行に借入

となります。

 

「営業CF増加」などの言葉だけではピンときませんが

説明が入ると理解しやすいですし、悪いことが分かりますよね🐶

 

 

まとめ

 

最後に

まとめ2つ

  1. キャッシュフローは、お金の状況把握に最適
  2. もっと「会計の思考」を楽しく学びたい方へ

 

今回の内容を振り返り

次の行動に繋げていきましょう!

 

キャッシュフローはお金の流れを把握する手法

 

今回、

企業分析の思考力を鍛えるために

「キャッシュフロー図解」

をお伝えしました。

 

理想的なキャッシュフローは

  1. 営業CF:増加
  2. 投資CF:減少
  3. 財務CF:減少

となります。

 

ぜひ企業分析に

「キャッシュフローの図解思考」を使ってみてください🐶

 

 

“あなた”の企業分析力を高める

「経営・財務指標」について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事でもまとめてありますので

チェックしてみて下さい♬

財務指標のまとめ(収益性・効率性・安全性) 企業分析に欠かせない経営・財務指標。 財務指標は、50以上が存在します。 ただ、重要視される指標は実...
中小企業診断士が厳選!ファイナンス入門書【25選】 財務会計は、数字が中心でExcelにずらっと並んでいます。 入門書という点に重きを置いて、読みやすいマンガやストーリーを中...

入門書でおススメは、「公認会計士の林總氏」が書かれた本です。

 

もっと「会計の思考」を楽しく学びたい方へ

 

「キャッシュフロー」

理解出来たら、次の行動に移していきましょう🐶

 

毎回計算する必要はないです。

サイトを利用しましょう。

\今すぐ登録して手間を減らしましょう/

 

また、おススメの本はコチラになります。

  1. 企業分析用
  2. 中小企業診断士用

 

 

今回の内容が

役に立ったーと思ったら、

  1. お気に入り登録
  2. Twitterのフォロー
  3. Instagramのフォロー

をお願いします。

情報発信の励みになります(*^-^*)

 

以上

また来てくださいね🐶

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA