このエントリーをはてなブックマークに追加
財務

【保存版】本業の利益を示す「売上高営業利益率」とは?【わかりやすく解説】

ウエル
ウエル

こんにちは🐶

FP1級×MBAウエル(@Konsultinです♬

みみずく
みみずく

「収益性を分析・調査したい。。。

ウエル
ウエル

このような悩みを抱えている方に向けて

「売上高営業利益率」をお伝えします🐶

 

【こんな方に読んで欲しい】

  • 「FP」や「会計」を学んでいる人
  • 「資産運用」や「企業分析」に関心のある人
  • 「売上高営業利益率」などを見たことがある勤勉な人

 

企業分析を始めた頃、「売上高営業利益率」をよく利用しました。

しかし、仲間との話のときに「売上高営業利益率って何?」

と聞かれたとき、計算式など出たものの、一言で答えることができませんでした。

 

やっぱり

学習していたり、利用していても

一言で説明するとなるとボロが出ますね。

 

その後、

中小企業診断士やMBAを経て、理解を深めました。

 

今回

経営・財務指標である「売上高営業利益率」について、

図解等も盛り込んで、お伝えしていきます!

 

本業の利益を示すのが【売上高営業利益率】です!

 

「売上高営業利益率」

“本業の利益”を示す指標

です。

 

ちなみに、

財務指標の全体像は、次のとおりです。

項目財務指標
収益性売上高総利益率
売上高営業利益率
売上高経常利益率
効率性
総資本回転率
棚卸資産回転率
有形固定資産回転率
安全性
当座比率/流動比率
自己資本比率
固定長期適合率

以前に、「売上高総利益率」「自己資本比率」も解説していますので、良ければご覧ください🐶

 

そもそも

「売上高営業利益率」とは、どのようなものなのでしょう?

 

詳しく見ていきますね🐶

 

「売上高営業利益率」とは

 

「売上高営業利益率」

企業の“本業の利益”を表す指標

を意味します。

 

つまり

「売上高営業利益率」

  • 高い場合➡本業が稼いでいる
  • 低い場合➡本業が稼いでいない(うまくいっていない)

ということです。

 

【図解】わかりやすく解説

 

「売上高営業利益率」について、図解を用いてお伝えします。

 

まず

計算式は、次のとおりです。

「売上高営業利益率(%)」

(営業利益÷売上高)×100

 

計算式だけでは、暗記はできても

イメージしづらいですよね。

 

そのため、

イメージしやすいように、PL(損益計算書)をもとに図解でお伝えしていきます🐶

 

さらに

P/L(損益計算書)をズームしてましょう。

売上高に占める「営業利益」が、売上営業利益率です(左下部分)。

 

ちなみに、

  • 売上高総利益
  • 売上高営業利益

これらの違いは、

販管費があるかどうかという点です。

 

前回、売上高総利益率「商品力を示す」と伝えました。

今回、売上高営業利益率は「本業の利益」を示す指標です。

 

「売上高営業利益率」が大事な理由

 

「売上高営業利益率」が大事な理由は、

  • 本業を見極めることができるため

です。

 

この視点すごく大事です。

 

例えば、

「当期純利益」が、プラスの企業を見ると

 

「事業が好調なのかな?」と思いませんか?

 

しかし、

営業利益率がマイナスであれば、

たとえ「当期純利益」がプラスであったとしても

「事業が不調」という視点で見ることができます。

 

つまり、

特別利益で、当期純利益をプラスにしているだけ

という視点が見えてきます。

 

 

個人の視点でも考えてみましょう。

“あなた”が勤めていた会社が倒産しました。

すると、今までの給料(本業の利益)が無くなりますよね。

 

そして、

「直ぐに再就職ができない」状況が続いたとしましょう。

 

そうすると

あなたは、自宅や土地、高級品を売って、当面のお金を得ますよね。

それで、今年はお金がプラスになります。

 

しかし

そのお金は、その場限りで、毎月・毎年もたらしてくれるお金ではありません

 

これを“会社”に言い換えれば

  • 営業利益 =本業のお金
  • 特別利益 =自宅などの売却益
  • 当期純利益=今期だけプラス

※来年も無職の場合、お金はマイナスになっていく。

 

このように、

売上高営業利益率を把握すると

  • 「本業が儲かっているか」
  • 「だましていないか」

ということを見極めることができます。

 

このように

「売上高営業利益率」が重要ということです。

 

イメージしてみよう

 

より具体的にイメージできるように

2つの視点から見ていきましょう。

  1. ハンバーガー
  2. 不動産業(三菱地所 対 大和ハウス工業)

 

では一つずつ見ていきますね。

 

具体例(ハンバーガー)

 

例えば、

“あなた”が、ハンバーガーを販売している会社を経営していると考えてください。

 

“あなた”は、25円で作ったハンバーガーを、100円で売りました。

ここで、従業員やCM広告などの販管費が25円だとします。

 

すると、P/L(損益計算書)ではこのようになります。

勘定科目金額
売上高100円
売上原価25円
売上高総利益75円
販売費および一般管理費
25円
営業利益50円

 

すると、

あなたの利益は

利益50{=売上100円-(原価25円+販管費25円)}

ですよね。

 

これが、

売上高営業利益率であり、

率(%)で表せば

50%(=営業利益50円÷売上100円)

になります。

 

つまり、

売上高営業利益率(本業の利益

50%ということです。

 

 

 

ここで、

コロナにより事業が不調になりました。

その結果、来期で次の状況になった場合を想定してください。

  • 売上100円➡50円

 

これに、少し細工をした内容をP/L(損益計算書)で示すとこのようになります。

勘定科目金額
売上高50円
売上原価25円
売上高総利益25円
販売費および一般管理費
25円
営業利益★0円
営業外収益0円
営業外費用0円
経常利益0円
特別利益100円
税引前当期純利益100円
法人税など15円
当期純利益★85円

 

このP/L(損益計算書)を見ると

  • 営業利益:ゼロ円
  • 当期純利益:85円

になっていることが分かりますね。

 

そして、

よく理解せずに、最終利益だけを見ると

「85円もプラスだ!」と思ってしまいます。

 

しかし、

“本業の力を示す”営業利益が、ゼロ円です。

 

つまり、

そのあとの「特別利益」によってプラスになっていることが分かりますね。

そして、本業が低迷したままでは、この会社は業績悪化になりやすいです。

 

このように

売上高営業利益率を把握すると、

年々減少傾向にあるのか、増加傾向にあるか

本業が好調・不調が分かります。

 

 

不動産業比較(三菱地所 対 大和ハウス工業)

 

実際の企業と照らし合わせてみていきます。

  1. 三菱地所
  2. 大和ハウス工業

 

ちなみに、

あなたは、どちらの企業の方が、売上高営業利益率は高いと思いますか?

 

 

 

 

答えは

三菱地所です。

項目売上高営業利益率
 三菱地所18.58%
 大和ハウス工業8.65%

※2021/3時点の数値

 

図で見ると違いが際立って分かりますよ。

 

これだけの差が生まれる理由は、

利益率の高い“事業”の差

です。

 

各セグメント(事業)の利益率で比較してみると

このようになります。

 

利益率20%以上を超える事業

  • 三菱地所   :2つ
  • 大和ハウス工業:ゼロ

ですね。

 

このため

“三菱地所”売上高営業利益率高いんですね。

 

業種別平均ランキング

 

売上高営業利益率は、

業種によって異なります。

 

労働集約的(人を多く必要とする)仕事は、コストが多くかかります。

しかし、人件費がかからない事業であればコストを抑えることができます。

 

このように、

業種によって大きく利益率が異なってきます。

 

実際に

ランキングを見てみましょう。

業種営業利益率(%)
1)不動産業・物品賃貸業10.29%
2)学術研究・専門・技術サービス業10.01%
3)宿泊業・飲食サービス業5.19%
4)建設業4.81%
5)情報通信業4.45%
6)その他の業種4.32%
7)製造業3.85%
8)生活関連サービス業・娯楽業3.72%
9)運送業・郵便業2.69%
10)卸売業1.77%
11)小売業1.50%

 

このように見ると

売上高営業利益率が

  • 高い:不動産・専門サービス
  • 低い:卸売業・小売業

ということが分かりますね。

先ほどの、三菱地所と大和ハウス工業でも見たように、不動産業は利益率が高いですね。

 

財務指標の調べ方

 

売上高営業利益率は、計算式で求めれます。

 

ただ

  • 企業間比較(同業種で比較)
  • 時間的比較(今期と前期で比較)

と複数で比較するとなると

企業分析に適したサイトを使った方が、自動で情報を収集することができます。

 

例えば、

マネックス証券の「銘柄スカウター」を使えば、

先ほど示した「売上高営業利益率」を時系列でみることができます。

 

実は

この豊富なサービスは無料で使うことができます。

この内容については、次をご覧ください🐶

使わないと損!無料の企業分析ツール1選 投資や企業企業分析に役立つ“無料ツール”は、マネックス証券の「銘柄スカウター」です。 企業の財務諸表から抽出している数値な...

\今すぐ無料で登録しましょう/

 

 

まとめ

 

最後に

まとめ2つ

  1. 本業の力を示すのが【売上高営業利益率】です!
  2. もっと「財務諸表」を楽しく学びたい方へ

 

今回の内容を振り返り

次の行動に繋げていきましょう!

 

本業の力を示すのが【売上高営業利益率】です!

 

今回、

本業の力を示す指標

「売上高営業利益率」

があることをお伝えしました。

 

売上高営業利益率の高さは

  • 本業の力強さ

を意味します。

 

ぜひ企業分析に

「売上高営業利益率」を使ってみてください🐶

 

もっと「財務諸表」を楽しく学びたい方へ

 

「売上高営業利益率」

理解出来たら、次の行動に移していきましょう🐶

 

毎回計算する必要はないです。

サイトを利用しましょう。

\今すぐ登録して手間を減らしましょう/

 

また、おススメの本はコチラになります。

  1. 企業分析用
  2. 中小企業診断士用

 

 

今回の内容が

役に立ったーと思ったら、

  1. お気に入り登録
  2. Twitterのフォロー
  3. Instagramのフォロー

をお願いします。

情報発信の励みになります(*^-^*)

 

以上

また来てくださいね🐶

日本初! ずーーーっと株取引手数料ゼロ円
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA